ドバQ by ワイズ・マネージメント・コンサルタンシー

このドバイQ&Aではアラブ首長国連邦ドバイの生活・地域・お役立ち情報を紹介しています。

burjalarab.jpg

ラマダン

ラマダンとは、イスラム暦(ヒジュラ暦)の第9月という意味で、イスラム教徒にとって一番神聖な月とされています。ラマダン期間中はイスラム教徒は日の出から日没までのあいだ、断食を行う義務があります。2009年は8月20日から9月19日までと予想されています。

ラマダンの始まりは月の満ち欠けによって決定され、1週間前〜前日までに地元紙や政府系ウェブサイトにて正式に発表されます。ラマダンの初日は「Ramadan Mubarak」、「Ramadan Kareem」というお祝いの言葉を掛け合います。断食明けの食事はIftar(イフタール)と呼ばれ、家族や友人が集まって食事をすることが慣習となっています。

ラマダン期間中、イスラム教徒は下記の義務があるとされています:

1.日の出から日没までのあいだ、飲食、喫煙、性行為を行わないこと
2.怒り、欲張った考え、ねたみ、強い欲望、ゴシップなどを抑制すること
3.清らかな思考や行動をし、断食中は精神的な黙考の時間とすること
4.恵まれない人に施しを行うこと
5.家族や友人を訪問すること

子ども(12歳くらいまで)、高年齢者、旅行者、妊娠中又は赤ちゃんの子育て中の人、病人等は断食を行う義務がないとされていますが、断食を行わない場合、ラマダン期間中に恵まれない人に食べ物の提供することとされています。

ドバイ/UAE在住者が知っておきたいラマダン期間中のルール

1.会社は労働時間を2時間短縮すること。(労働者がイスラム教でない場合でも同様)会社が労働時間の短縮を行わない場合、労働者に対し残業代を支払う義務があり、このルールが守られてない場合は、労働者はUAE Ministry of Labourに報告することができます。

2.日の出から日没までのあいだ、公共の場所(車内を含む)で飲食や喫煙を行わないこと。

3.露出の多い服装は避けること。(肩や足をカバーする服装がベター。)

4.ダンスや大音量のライブ・ミュージックなどは禁止されているため、クラブやコンサート会場等は閉まっています。ドバイのバーは比較的開いていますが、アルコールに関係した違法行為はラマダン期間外より厳しく処分される可能性があります。デザートサファリは行われますが、ベリーダンスのショーはありません。

5.カー・ステレオを大きなボリュームで使用しないこと。

備考:

労働時間短縮により、午後1時〜4時頃に道路が混雑し毎年事故が多発するので、運転の際は注意が必要。多くのレストランは日中は閉まっていますが、大型ホテルやモール内の一部のレストランは日中でもカーテンや仕切りで外部から見えないようにし営業をしており食事をすることができます。スーパーマーケットは日中でも開いています。また、多くのレストラン、モール、スーパーマーケットは夜の営業時間を延長しますので、深夜過ぎまで人で賑わっています。
posted by Y's Management Consultancy at 22:32 | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。